短尾のテツ

リタイヤを機に一年後犬を飼い始めはや7年、有色紀州犬テツの成長記録、家庭菜園、日々の暮らし等を書き留めたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました



大晦日であろうと犬飼いは変わらぬ毎日が・・

今朝は朝から小雪混じりの生憎の天気、

久しぶりに歩きで散歩に出かけました。

これも久しぶり、川の土手でボール遊び兼足腰の鍛錬

テツ限定の訓練ですが、ボールから遠ざかってたので

飽きもせず20回は昇り降りしてました。




とうちゃんボール早く


とったどー





午後は何時ものコースを歩いてたんですが、人も車も少ないので

ロングリードに付け替えて歩いてたら、いつもは行かない

荒地の田んぼに行きたいというので、行かせました。

50センチぐらいの枯れた雑草?の中を嬉しそうにピョンピョン

飛び跳ねながら走り回ってました。

面白かったかい




行けーv


藪から出たー




我が家の松飾は、毎年竹の笹付きを花瓶のように仕立て

松と梅の枝で作ります。

今年は色付けに南天が入ってます。

竹笹が枯れないように水を含ませた布をアルミで巻いてます。




松飾




何にも判らない初心者がブログをはじめて5ヶ月と少々

いろいろな方々にコメントやアドバイスを戴き、

何とか大晦日を迎えることが出来ました。

拙いブログに訪問していただいた方、さらに

コメントを戴いた皆様のご健康をお祈りいたします。



明日元日と言っても、犬飼いは基本いつもと変わらぬ生活

が始まります。

テツはおやじが打った蕎麦を食って足元で

寝こけております(笑)



寝たろう




来年もよろしくお願いいたします。








スポンサーサイト
関連記事

おそろいの雨合羽

今年の春、防水性能が衰え水玉があまり出来なくなった雨合羽を

買い替えて、梅雨時期を快適に散歩しました。

そこで、貧乏性のおやじが考えたのが防水性能が衰えたとはいえ、

犬用の安いマントよりはまだまだ良いだろうと言う事で、

テツの雨合羽に転用すべく作業を開始しました。

まず上着だけで良いだろうと半そで状態に袖を切り落とし、

ためしに着せたところ、ななんと背中がパツンパツン

テツの前足の付け根から、背中を通り反対側の付け根までの長さが

おやじの背幅を優に超えてる・・・焦った。

と、犬は人間の乳の位置に足が付いてるから背中が長いんゃ

どう処理しようか?

背中を切り空けて布を継ぎ足す

足の位置を変更する

など考えていたら面倒くさくなり夏が終わりました。

いよいよ秋があっという間に過ぎ去り、冬本番となり

冷たい雨で本腰になったのは今月15日ごろ、

いよいよ気合を入れて現在使っている安物のマント風の合羽に、

汚れ防止に腹当てをつけて仕立てました。

もちろんおかさんの叱咤・叱咤のもとで

ズボンの布も使ってます。




テツ合羽





頭の部分をすっぽり通し、腹当てをマジックテープで止めます。

脱落防止にボタンをつけました。



合羽装着中





メーカーは違いますが、ほぼ同じ仕様の合羽です。

お揃いです(笑)が、テツのは紫外線でかなり退色してます。





おそろい




小降りになったところで裏口から出発しました



裏口から出発






かなり強い雨でした。

15分ぐらいは水玉になってましたが、

そのうちべったりとした状態になってました。

帰ってテツの背中を確認しましたが、濡れている感じはありませんでした。

アイロン掛けで復活するか、防水スプレーをするか試してみたいと思います。

傘の生地が防水抜群です。が、格好がねエー(6.27ブログに写真あります)



残りのズボンの生地等でテツのリュックを作って、

飲み水やウン用の袋、ボールなどを

持ってもらおうと企んでます。









関連記事

総合運動公園

行く予定ではなかった方向に引っ張られ、冬になって久しぶりの

運動公園行きでした。

帰りは川の土手を通るのであんぜんですが、

裏道でも時々は車が通るので、緊張のチャリ運転です。

特に寒い朝だったので着いたときは指先が痛かった。



一休みしてるとこですが、木の陰は未だ霜で真っ白です。

太陽の動きが如何に早いかと言う証明みたいなものですね

太陽に照らされたところでも未だ融けていないのが見えます。





太陽はすごい




テツのいる池付近はまだまだ真っ白です


真っ白な池周り


日陰は真っ白







一休みしたら早速何時も遊んでもらう鯉さん探しです


おーい鯉はどこだ


鯉いねーじゃん


残念ながら鯉さんなど魚類は、水温が低いと

一番深いところにもぐってじっとしてます

したがって水面には出てきません。残念でした






太陽が差し込みいい天気になりました。

こっちを見てるので、閉め切った室内から声を掛けました。

声は聞こえるけど「何言ったたかわかんない」

皆さんのワンコも意味不明のときは、首傾げませんか




シッコいく?








関連記事

柴娘ランちゃん


秋から冬に向かうなか散歩時間がばらばらで、なかなか

お友達に会わない日が続いておりましたが、30分遅く

出発したら柴娘のランちゃんに会いました。

遠くから見つけて待っててくれました。



待つわ






相変わらず不埒なテツです


編集_近すぎる


編集_なあ良いだろ


編集_ランちゃんとプロレス


と言うようなやり取りがあったかどうか定かではありませんが、

途中まで仲良く散歩できました。




夜家に入れてもらったら、取敢えずおかさんを

ぴったりマークします

すごく真剣な表情です。

白いご飯でももらえる確率70パーセント


真剣




そのあとはダイニングテーブルの下へ

外ではあまり感じませんが、家の中では 「でかっ」

さらには「邪魔」だけど洗面所は寒いもんね



でかっ




テツは肩から胸にかけて白い毛が生えてますが、周りの黒っぽい毛より

少し長いことが判りました。

何となく感じてはいましたが、全般的に白い毛は長めで立ってます。




背中の模様








関連記事

夕方の散歩



朝チャリで走ってるので、夕方は歩きの散歩です。

したがっていくらでも匂いを取り、くまなく土管や溝の

チェックが忙しいです。

頭が悪いといっても、以前小動物がいた匂いが残ってるとか

たまたま見たとかの場所は必ず一週間は寄って、

しつこいほど匂いを探し?ております。



溝は要チェック2

溝は要チェック





我が家の近くには最近までイノしゃんがお出ましになっていたので、

テツは必ず家に入る前にチェックします。



必ずチェック





散歩から帰って夜飯を食ったら、中に入れてのコールがあります。

こっちも飯食ったら入れてやりますが、定位置のテーブル下に

行かずに何か呉れビームを出して、ウロウロする時、膝で挟んだ時の変顔です



編集_やめれー







関連記事

度々思うこと

365日、一日最低2回、計3時間以上を守って散歩にいそしんでいるが、

はたして家のやつはほんとに散歩に行きたいのだろうか

子犬のころからの習慣で行くのが当たり前、行けば行ったで

それなりに楽しいんだろうけど、ほんとに行きたい?

昔からの習慣、関係の本、病院など 犬は散歩が大好きで

何時も散歩を待っていると、果たして本当なのか

猟犬や野良さんも散歩を必要とするのか・かつ嬉しいのか

というのも、テツは散歩が楽しいというより何か獲物はいねえかと

何時も考え・行動しているように見える。

一番生き生きしていたのはやはり脱走したときだったから、

食料があれば野良さんが一番自由でいいかもね

でも、フリーにするわけにはいかないから、出来るだけ

走りたがってる様子のときは走らせ、フリーに近い超ロングリード

で擬似フリー状態を味わってもらいましょう。



時々通る家にはかなり大型の柴(牡)が何時もつながれているけど

テツを見てもほえるわけでなく、近寄っても尻尾振るわけでもなく

ただじっとお互い見詰め合ってるだけ。

散歩してるところに出会ったことが二・三回あるが

ほとんど繋がれているのにストレスがたまってる様子もなく

そんなに太ってる様子もない。

前を通るテツを見てどんな感情を持ってるのか、

長時間繋がれていて、お前散歩行けていいなあと思ってるのだろうか。

子犬のころからこの環境であれば、それが普通だと

素直にに受け入れることが出来るんだろうか?

広いところを、鳥でも追って力いっぱい走りたいとは思わないんだろうか


そんなことを思うと、家のやつは贅沢だと思うことが度々ある。

いっぱい走って広場でも遊んだのに、帰るといったら足にしがみつく

帰るぞと、強制的に撤収すると、しぶしぶ付いてくる。

小さいころから散歩を30分ぐらいにしてたら、1時間も歩くと

満足するようになったんだろうか

小さいころから頑張って散歩したのが、結果的に

自分の首を絞めることになったのだろうか

いろいろ考えてしまう今日この頃



いろいろ考えてしまう根底にあるもの、それは

犬は人間の7倍の速さで年をとっているという現実


たとえば1日犬を預けて遊びに行ったとする

犬的にいえば一週間飼い主と会えなかったことになる

大げさだけどこのことに思いを馳せ、毎日精一杯の時間を

使ってやろうと思う今日この頃

おやじも頑健な体ではないので、テツとどちらが先に

虹の橋の袂に行くか判らないが、テツが先に逝っても

ペットロスといわれる状態にはならないための努力

をしているつもりでいる。

こうしてやればよかった、ああしてやればよかったと

いう後悔はしないですむように努力したい

でも、寂しさに耐えられる自信はない




鴨が土手で休んでる 「テツ行け」

鴨だ行け







関連記事

飲み水が凍る日



今朝はテツの飲み水が凍ってました。

もちろんテツはぬくぬくとリビングで寝てました。




氷はってた



天気がよかったので、チャリで出かけた。

日陰はまだ霜で真っ白だった。




土手は真っ白





さすがに寒いのか、行きがけはガンガン走った

帰りは早足


早足良い




帰って飯食ったら「寝る」

ぽかぽかと太陽は有難い



昔「犬は外だろう」と言ってた。

今、リビングで毛布の上に休ませ、床付近は気温が低いんだよねと、

気遣ってる自分に愕然とする今日この頃

犬がこんなことで良いんだろうかと時々考えてしまうが、

もはや昔の考えには戻れないとこまで来てしまった。


飯食ったし寝る




初収穫の大根・蕪

長崎みかんと共に孫のところに行きます。




収穫



何せ肥料が夏場の発酵堆肥に落ち葉、籾殻、草木灰など

極僅かしか入ってないので成長がかなり遅いです。

土をふるいに掛けてるので大根がきれいでしょう?

大根の葉っぱは要望に応えてつけたままです。







関連記事

しばれる朝は山歩き散歩


寒くて朝散歩をチャリで行きたくない時、総合運動公園に行きます

夏場はチャリで時々行っておりましたが、冬は車で

一番奥の駐車場迄行き、一応上山公園となっている山歩きに向かいます

夏は長ーいものや、変な虫がいるので山には入りません


上山



雑木林に早く入りたい意識が山側に釘付状態

ウエストバッグを付ける間「待て」


山手にくぎずけ


「よし、行こうか」 で、走り始めます ブレブレです



いくどー



しばらくは道なき道を進みますので、時々呼んで

帰ってくるのを確認しながら進みます

ロングリード+フレキリード付きですが



emonoha.jpg

tanosii.jpg





道下の藪に突っ込んだまま出てきません



なんしよる




傾斜45度はあると思います

道下から上がってくる所です


tanosi-.jpg




すこし道らしい道になってきました

何か いねーか道下を確認中


ineka.jpg




急坂になってきました

ハアハア テツちょっと待て 

姿が見えなくなると降りてきます(愛いやつちゃ)



父ちゃんはよい子


これはただ見てるようですが、この後藪に突っ込んでいきました

ハイ 引っ張り出しました



なんかおる




頂上ではありませんが、車も通れる広さの道に出ました

たった600メートル上るのに30分かかってます

まあ、上ったり降りたり走り回ったりしながらですから



標識



後はずっと広い道です

やっと広い道




一般道に出て運動公園の西口です

改装中の陸上競技場が完成間近です


公園西口


運動公園を一周して車に帰り着きましたが、

珍しく車に乗ろうとしません

もっと山に入って居たかったようです

 ダーメ



デジカメの高速連写は明るさに関係しますね

当然といえば当然でしょうが、薄暗いところではブレブレです 









関連記事

手打ちうどん


寒くなってきたらなんと言ってもうどんが一番です。

それも湯がいたのをそのまま食べる釜揚げうどん

手作リしないと食べられない味です。



何時もは子供たちが住んでいるので、香川特産のうどん専用粉

さぬきの夢2000というやつを送ってもらい作っていたのですが、

ネット検索していたら、さぬきの夢をブレンドして販売している製粉会社

を見つけたので、パン用の強力粉とともに買ってみました。

さぬきの夢2000ももちろん売ってます。

パン用の粉は一斤用250グラムずつ袋詰めしてあり、

2キロ入りのうどん粉もジッパーが付いており、なかなか

使い手のことを考えているなと感じた。

うどん足踏み用のナイロン袋も付属していた。

また、初心者用に親切丁寧な手打ちうどんの作り方も

同封してあるのですぐに作れると思います。





さくら夢2000




2時間前に6回折りたたんで足踏みしたうどん生地(500グラム)です。

延ばし作業がやりやすいように、かなり平たくして寝かせました。

基本的に一人前150グラムなので、かなり明日の体重が増えると思います


寝かせたうどん



うどんは、蕎麦みたいに綿棒で押し広げられないので、基本は綿棒に

巻きつけて伸ばしていきます。

いびつさもご愛嬌

滅多に長方形になったことがないが、味は良いですよ


何とか広げた



折り畳むときも粉はつけますが、切るときの一番上面に多目の

粉を乗せると、切ったうどんが引っ付きません。



切り




釜揚げで食するときは、うどんが透き通る少し前にあげます。

水洗いするときは、透き通ってから揚げても十分モチモチ且つ

腰が残ってます。



釜揚げ



もちもち・つるつるの麺おいしかったです。

テツも当然もらえると思ってますので、期待に沿って

あげました。

何故かよく噛んでゆっくり食ってました

ちょっと多かったかなあ


御相伴







関連記事

プチ温泉旅行 PartⅡ

宿から凍りついた道路を通って10分も歩くと

果てしなく続く原野に出ました。

ところどころ耕してある区域も見受けられますが、

注意してみないと畑とは認識できません。

案外近くに「みやまきりしま」で有名な

九重の山並みが見えてます。


ひろーいそうげん



おやじが好きな 遠くへ行きたいの図

もうちょっと寄り添って歩いてくれればベスト


ひろーい草原




途中でサルーキ?って言うのか髪の長い大型犬2頭を連れた

奥様に会って聞きましたが、この付近には鹿のほかに

狸・ウサギなど小動物もたくさん居るそうです。

早速テツが反応し、藪に飛び込んでいきました。



何か居そうじゃ


何かおった



雉より大型の羽音がすごい鳥が飛び立ちました。

すごい楽しいといってます。


色んな匂いがする



九重の反対側に阿蘇の外輪山?がかすかに見えてました。


阿蘇の山並み




温泉も堪能し、途中道の駅や産直市場を覗きながら

高速SAのドッグランで遊び、ゆっくりと帰ってきました。



saのドッグラン


昨年やはり阿蘇にある内湯つきコテージ宿に泊った

ことがありますが、こちらは本当のワンコと泊ろうという

温泉で設備も充実しており、床暖で快適でした。

また行きたいと、テツが申しております。



行く途中で寄った杖立温泉は川傍の

険しい断崖に点在してます。



杖立温泉街








関連記事

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

主な登場人物

テツおやじ

Author:テツおやじ
おとさん テツの親分・これを書いている人
おかさん テツの子分・ジーと見つめると何かくれる人
テツ   有色紀州犬・ニューハーフ歴5年・尻尾短い  虫歯無し・健康優良児 
好きなもの ヨーグルト・ボール・米の飯
  嫌いなもの 雷・シャンプー
  特技  ヘビやトカゲの捕獲

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

意見・感想  :Thank you:

<>+-

月別保管書庫

リンク

このブログをリンクに追加する

分類

未分類 (279)
成長過程 (0)
散歩など (140)
健康 (14)
日々の暮らし (16)
菜園 (12)
おでかけ (6)
訓練もどき? (2)
手づくり (0)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

テツをぽちっと押してね

にほんブログ村 犬ブログ 紀州犬へ
にほんブログ村

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

検索フォーム

訪問者数

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。